Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS環境サービスは、有害化学物質を含む事故への緊急対応をカバーする全法的要件を満たすために適切な製品の安全性報告書と必要な書類一式の提出を支援します。 詳細については、今すぐ弊社にお問い合わせください。

有害物質を扱う際は様々な規制を遵守しなければなりません。 コンプライアンスの証拠を提供するには、適切な機関に提出する必要のある通知レポートがあります。

どの指令および規制が製品に適用されるかについて豊富な経験と専門家の世界的ネットワークから、アドバイスすることができます。 コンプライアンスを維持するために失敗の危険性が決してないように、該当規制に関するアップデートと修正についても常時お伝えできます。

以下の特定の通知レポートの支援を提供します。

分類,ラベリングとパッケージング (CLP)規制 1272/2008/EC

救急医療対応時に使用するために指定された責任団体に化学物質の内容を通知します。

危険化学物質の輸出入規制689/2008/EC

必要な通知レポートを準備し、禁止または制限されている危険化学物質に必要な量と顧客追跡システムをセットアップするための支援を行います。

殺生物剤指令98/8/EC

製品が殺生物性製品を使用する場合、当社が承認申請に必要な通知レポートを準備します。

洗剤規則648/2004/EC

当方のラボは、洗剤の有効成分の生分解性を同定するために必要なテスト体制を提供します。 また、厳しいラベリングの要件に準拠するために必要な安全情報も作成します。

(登録された物質以外の)化学物質の登録、評価、認可および制限(REACH)規則1907/2006/ECの分類とラベルの在庫

危険として分類基準に該当するまたは登録する必要がある可能性があるこの指令対象物質は、分類と表示の届出の対象となります。 要件を満たすために適切な形式で正しいデータを提出できるように支援しています。

御社の本業に集中して、届出データ要件のことは熟練した専門家やソフトウェアシステムにお任せください。 緊急通信の専門家まで今すぐご連絡ください。