Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの航空業界向け EU排出量取引制度 (ETS) により義務項目を履行できます。 航空業界専用に考案された検証サービスの詳細について是非お問い合わせください。

2012年から航空業界は EU 排出量取引制度 (ETS)に参加が義務付けられています。 欧州を出発地または目的地とするフライトを運航する場合、指定された EU加盟国の法的要件に準拠する義務が発生します。

コンプライアンスは貴社のトンキロ及び二酸化炭素排出量の監視を行う承認方法の使用、およびデータの検証済み報告書の届出が必要になることを意味しています。

排出枠は、的確なベースラインデータを提出した場合にのみ割当てられます。 排出枠を超えて排出された二酸化炭素1トン毎に貴社が毎年購入する義務があるため、準拠できないと高くつきます。

SGS は温室効果ガス(GHG) 排出検証の世界的リーダーとして認知されています。 弊社は数百の GHG排出削減プロジェクトとGHGインベントリに毎年取組み、その中には EU 内だけでも450以上の施設が含まれています。 経験豊富な弊社なら、貴社のトンキロ及び二酸化炭素排出報告書の検証を支援するために最も確実な位置にあります。

さらに弊社は航空運用会社との協業も行い、IATA(国際航空輸送協会)のメンバーでもあります。 弊社は欧州委員会、 欧州認証フォーラム (EA) 、及び国際排出取引協会 (IETA)により組織された EU ETSへの航空業界の参加に関する作業部会で活発に活躍していました。

当社は分割検証サービスを提供しています。これは1年間の初期コンプライアンス評価と、翌年に報告期日前の最終データ検証を行うものです。 このアプローチにより、貴社の内部システムの早期検査と改善が期待できる領域の特定が可能になります。 得られたデータは容量問題に対応し、排出枠の割当拒否リスクを最小限にすることができるようにします。

弊社は経験豊かな温室効果ガス審査担当者を200名以上世界に配置し、検証チームを貴社のニーズに合わせて編成できます。例えば世界中に配置されている地元の審査担当者が最高水準のサービスを提供するとともに、旅費も最小限とすることができます。

弊社の検証チームまでご連絡いただき、航空業界向けEU ETS検証の詳細についてお尋ねください。