Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

自主的温室効果ガス報告書とカーボンフットプリントの測定には、SGSの気候変動サービスの独立した検証による信頼性が付与されます。

レポート検証方法について今すぐお問い合わせください。

現在の炭素市場には温室効果ガス報告書とカーボンフットプリント測定値を提出するための幾つかの自主報告取組みがあります。 市場の信頼を高め、自発的な貢献に信頼性を与えるために、一貫性のある評価方法と独立監視、検証及び認証サービスを提供しています。 SGSはVCSと自主的なオフセットプログラムのためのゴールドスタンダードの両方でサービスを提供することが認めれられています。

また、科学的に信用あるがクリーン開発メカニズムや共同実施のためのコンプライアンス基準を満たせない排出削減量測定値の妥当性確認を行うことができます。 これは通常政治的な理由によるもので、例えば、 ホスト国が京都議定書を批准していない場合が挙げられます。

プロジェクトベースの排出削減量のほか、ISO14064を使用した企業の自主的な温室効果ガスインベントリを検証致します。 これは、開示または内部報告、コスト管理、株主や規制当局に提示するために使用することができます。 経営者がカーボンフットプリント削減に取組んでいること、将来のビジネスのためにこの取組みによる市場での利点を認識していることを示すメッセージを送ります。 一部のビジネスでは、今すぐ行動する機会として、新しい強制立法を待たずに、当社による検証を使用しています。

自主的な検証のいくつかの例は、次のとおりです。

  • 京都議定書に従った取り組みを使い輸送関連の二酸化炭素排出量のオフセット 
  • 使用されたクレジットが償却されたことの文書化
  • カーボンニュートラルな運営と製品
  • 事業上使用するエネルギー、事務用紙の使用および従業員の出張飛行に起因する排出量の検証 
  • 海運からの炭素排出量のオフセット

排出削減と温室効果ガスの自社発表値を検証させ、SGSのブランド名により支持させれば、明白な便益となり、プロジェクトの信頼性を高めることができます。 排出自主削減活動や制度に参加することが御社事業にとりいかに簡単であるかをご説明しますので当社チームに今すぐご連絡ください。