Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

赤道原理は、自発的クレジットリスク管理フレームワークとプロジェクト財務活動での環境および社会的リスク評価のガイドラインのセットで構成されます。

これらの原理を適用することで、金融業界は、グローバルな開発プロジェクトファイナンスにおけるこれらのリスクを管理するための環境および社会的ベンチマークのセットが得られます。 赤道原理の意図は、各金融機関がデューディリジェンスおよび責任あるプロジェクト財務評価の最小内部標準を含む、赤道原理管理システムを採用することです。 赤道原理の目標は、貴社がファイナンスするプロジェクトが指定された社会的、環境的要件を満足可能なことを確認することです。

今日、かつて以上に、金融機関およびプロジェクトスポンサーは、社会および環境上の責任に関して、知覚された透明性の欠如およびリスク管理の圧力にさらされています。 貴社のプロジェクトに関して赤道原理を採用し監査することで、銀行、スポンサー、投資家、政府機関およびその他の利害関係者に、社会的責任および環境的責任への貴社のコミットメントを示すことができます。 SGSでは、世界各地の大規模インフラおよび産業プロジェクトに資金供与する金融機関のために、信頼される包括的な赤道リスク評価を提供します。

SGSは、環境および社会的責任で信頼される大手です。 弊社では、貴社の完全で包括的な評価で、プロジェクトファイナンスと、環境および社会的責任に関する、グローバル規制の関する弊社の知識を組み合わせます。 赤道原理におけるSGSの評価では、貴社の運営が次のものを含む文書に記載された10の原則に対応する方法を検査し検証します。

  • プロジェクトの精査と分類
  • 社会および環境アセスメント
  • 適切な社会的基準および環境基準
  • 行動計画および管理体制
  • コンサルテーションおよび開示
  • 苦情処理メカニズム
  • 独立した審査
  • 契約
  • 独立した監視および報告
  • 報告

赤道原理は、環境および社会リスク管理に関する尊重される業界標準となっています。 赤道原理に関する貴社評価でSGSとパートナーになることで、貴社は環境および社会的責任あるプロジェクトファイナンスへのコミットメントを示すことができます。