Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

顧客・消費者・株主の間では、環境に対する責任を果たす製品やサービスがますます求められています。 企業が環境基準に従い、日々の業務が環境にコミットメントしていることを証明も期待されています。 このコミットメントの証明をより強く望むクライアントが増えています。BS8555ガイドラインを順守することは、環境倫理へのコミットメントを証明する機会となります。

BS 8555は、企業が汎用的な環境管理システムを導入する際の、効果的なコスト分散方法を提供します。 SGSのクライアントからは、法令遵守の改善に加え、企業が高い環境意識を持つことで、従業員の士気が向上したという報告が多くされています。 SGSの環境管理システム(EMS)監査は、ISO 14001やEMAの認証取得に向けてお客様が達成した成果と進展を認識し、独立した検証を行います。

有能な主任審査員から成るSGSのグローバルチームは、環境・技術・規制を熟知しています。最も有意義かつ専門的なEMS実施ガイドを提供することで、お客様の環境目標の達成をサポートします。

BS 8555は主に6つのフェーズがあり、各フェーズにはさらにいくつかのステージがあります。 BS8555認証を選択した場合、企業はステージごとに定義された基準の達成に取り組みます。これらの基準は、各フェーズの監査の基礎となります。 6つのフェーズは順に完了しなければなりません。ただし評価については、フェーズごとに、あるいはフェーズ全体で行うことができます。 6番目のフェーズが完了すると、認知された環境基準(ISO 14001やEMA)に登録されます。 BS8555の6つのフェーズには、以下が含まれます。

  1. ベースラインの確立
  2. 法律および他の要件を特定し、これらを確実に順守する。
  3. 目的、目標、プログラムの開発。
  4. EMSの導入と運営。
  5. チェック、監査、マネージメントレビュー。
  6. 環境管理システムの承認。

SGSの有能な監査員は、単純なチェックリストの記入やドキュメントシステムのチェックだけで監査を終わらせません。 監査員は国際的に認知された「SGS way」という方法のトレーニングを受けています。常に客観的かつ倫理的な態度で、お客様の言葉に耳を傾けます。 BS8555の導入により環境フットプリントを改善することができます。詳しくは、SGSにお問い合わせ下さい。