Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ベスト水産養殖業務(BAP)認証監査 - 安全かつ海産物の持続的な供給源を提供する意欲を実演することができます。

SGSはGAA BAP認証が承認された認証機関です。

水産養殖施設のための自発的認証プログラムであるグローバル水産養殖アライアンス(GAA)によって開発されたBAP基準は環境および社会的責任、動物福祉、食品の安全性およびトレーサビリティを取り扱います。 BAP認証は水産養殖所、孵化場、処理工場および飼育工場において顧客を含む産業にかかわる全員に対して海産物が業界最高水準の業務によって飼育され処理されることを確証することを可能にします。 SGSではBAP基準に対するあなたのビジネスの監査を行うことで適合性を実演し欠点を識別し適切な認証をお勧めします。

BAP認証監査の主要要素は次を含みます:

環境

  • 沈殿物および水質
  • 魚粉および魚油管理
  • 逃げ道の制御および遺伝子組換生物の使用(GMO)
  • 捕食動物および野生生物の相互作用
  • 飼育所用品の保管および廃棄

社会的責任

  • 財産権および規制コンプライアンス
  • コミュニティ関係
  • 労働者の安全
  • 従業員関係

動物福祉

  • 保健および福祉
  • バイオセキュリティおよび疾病管理

食品の安全性

  • 残留物および汚染物質
  • 収穫および運搬
  • 危害分析重要管理点(HACCP)

トレーサビリティ

  • 記録保持要件

BAP認証を選ぶ理由。

BAPプログラムに成功した参加者へは、顧客に対して安全と持続的な海産物の供給源を提供する意欲を実演する、海産製品の包装や販促物に使用することができる「ベスト水産養殖業務認証」マークが賞与されます。 BAP海産処理工場基準はグローバル食品安全イニシアチブ(GFSI)に対しても評価されます。 つまりBAPプログラムの完了に成功することでBAP認証およびGFSI適合の両方を単一監査プロセスによって得ることが可能です。

SGSによるBAP認証監査を選ぶ理由。

SGSは最高水準の品質および安全性に対する監査を行う立場にあります。 弊社の食品試験研究所はBAP基準との適合性を判断するために必要なすべての廃液や海産物サンプルのすばやく効率的な検査および試験を可能にします。 承認されたBAP認証機関(CB)として弊社およびBAP管理グループは貴社のBAP基準に対する適合性を認証します。

BAP基準に従った持続可能な海産物認証監査がどのようにあなたの組織の手助けとなるか知りましょう。 あなたの国および業務範囲における適切なソリューションを知るために地域のSGS事務所にお問い合わせください。