Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの海洋管理協議会(MSC)認証サービスは、持続可能な漁業や(徹底的にチェーン・オブ・カストディー認証による)野生魚類の海産食品トレーサビリティを扱う、国際的に認められた規格に対するコンプライアンスを保証します。

MSCチェーン・オブ・カストディー

海産製品がMSC環境安全ラベルを取得するには、漁場がMSC漁業認証を取得する必要があります。 さらに、サプライチェーン中の製品の所有権を持つ会社は、すべて、MSCチェーン・オブ・カストディー認証を取得する必要があります。 そのような企業としては、流通業者・卸売業者・製造業者・梱包作業所・貿易業者・小売業者・仕出し組織・飲食店などがあります。

監査対象となる各企業は、MSCロゴが表示されるのが認証された漁業の海産食品だけであることを保証する、効果的なトレーサビリティシステムを導入していることを証明する必要があります。 これは、不法に捕獲された魚がサプライチェーンに投入されたり、製品や品種の誤ったラベルが表示されたりすることを防止するために役立ちます。 MSCチェーン・オブ・カストディー認証は、3年間有効であり、毎年の見直し対象となります。

お客様のMSCに対するコンプライアンスを実現し、製品や経営に対する消費者の信頼を高めるために、SGSがどのようなお手伝いをできるかを知りたい方は、SGSにお問い合わせください。