Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの初期段階の市場実地試験では、登録・実証・性能検証の実施前に、新規の活性成分や活性成分の組み合わせを開発します。

開発初期段階で、標準製剤中の新規の活性成分や活性成分の組み合わせの性能を調査し、適正農業規範(GAP)のラベル条件を定義するための堅牢なデータセットを作成します。 このような製品研究の初期段階では、実地業務における実績と深い理解が鍵を握ります。

規制パッケージにこれらの試験が含まれていない限り、開発を推進するための適切な候補を選択する上で、適正な実験業務、徹底した文書作成、スポンサーとのコミュニケーションが必要です。 市場に投入する製品が準備できたら、農家やその他のステークホルダーへの販売拡大を図るために、他社製品との比較評価が不可欠です。

弊社の実地試験は、認証取得業務、標準実施要領、実証済み文書作成システム、コンプライアンス管理プログラム、経験豊富なスタッフ、および最先端設備により、サービス実施におけるバイアスを防ぎます。 さらに弊社は、農家が技術や新製品の利点を評価できるよう、デモ試験やデモ期間を設けています。

初期段階における様々な市場実地試験

以下を含む幅広い世界的サービスを単一の契約でご利用いただけます。

  • マーケット/セールスサポート試験
  • 製品比較試験
  • 配列比較
  • タイミングの比較
  • 様々なデモ
  • 種子率実証
  • 有害生物の相互作用
  • 活性化、改良条件
  • 実地実証試験
  • 実地オープン期間

リーディングプロバイダーによる、信頼性の高い初期段階の市場実地試験

SGSはさまざまな土地・天候条件における、農学的同等性および栄養学的同等性試験、環境影響、非標的害虫分析に関連する実地試験の計画および調整において豊富な経験があります。 SGSの施設は、国内外の登録に伴うバイオセーフティ研究を実施するため、適切な業界指定の品質管理システムに適合しています。

初期段階の市場実地試験の要件については、SGSまでお問い合わせください。