Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのGEP実地試験は、適正実験実施基準(GEP) への適合をサポートする幅広い実地試験サービスです。

GEPシステムは、農業・園芸化学薬品、バイオ農薬、肥料、および植物の新品種を審査・開発・登録するための重要なガイドラインを提供します。 そのため、GEP実地試験を正確に実施できる信頼のあるパートナーが必要です。 関連するあらゆる場所で試験を実施できる弊社のサービスをぜひご利用ください。

SGSが提供するGEP実地試験

SGSのGEP実地試験には下記の内容が含まれます。

  • ダニ駆除剤
  • バイオ農薬
  • 化学肥料
  • 防かび剤
  • 除草剤
  • 殺虫剤
  • 軟体動物駆除剤
  • 殺線虫剤
  • 植物成長調整剤(PGR)
  • 貯蔵作物
  • 種子の監督

リーティングプロバイダーによる、信頼性の高いGEP実地試験

SGSの施設は、国内外の登録に伴う有効性研究を実施するため、適切な業界指定の品質管理システムに適合しています。 SGSの実地試験センターは国内外の特定基準に取組み、統一施用方法と標準実施要領(SOP)を採用し、GEP基準を遵守します。

さらに以下を含むプロジェクト管理も行っています。

  • 適切な試験数や試験場に関するコンサルティング
  • プロジェクトの評価とデザイン
  • プロジェクト管理は、国内および地域内の様々な状況で実績を積んだ専門家により行われ、弊社専用のプロジェクト管理ツール(詳細)を使います。
  • 研究計画・変更・実験レポートの作成
  • 電子実地データの収集と提出
  • 害虫や病気に対する深い知識、試験場所に関するリスクマップやリスク評価(必要な場合)
  • 生物学的影響評価書類(BAD)の評価と作成

GEP実地試験の要件については、SGSまでお問い合わせください。