Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのGMバイオセーフティ実地試験は幅広い実地試験サービスを通じて、新規の遺伝子組換 (GM) 形質の安全性を確保するお手伝いをします。

新規の遺伝子組換形質には、広範な安全試験が要求されます。 試験は定期的に要求されるものもあれば、新規の組換や形質品質に合わせた固有のものもあります。 優良試験所基準(GLP)の原則は、どのようにGM形質の研究を行うべきかを規定しています。 正確な計画、実施、製品の総合安全管理措置および文書作成は、常に重要です。 

弊社のGMバイオセーフティ実地試験は、認証取得業務、標準実施要領、実証済み文書作成システム、コンプライアンス管理プログラム、経験豊富なスタッフ、および最先端設備により、研究実施におけるバイアスを防ぎます。

様々なGMバイオセーフティ実地試験

以下を含む幅広い世界的サービスを単一の契約でご利用いただけます。

  • 農学的同等性
  • 栄養学的同等性
  • 非標的生物試験
  • 動物飼育のための参照物質の作成
  • 環境影響評価
  • 土壌集積
  • 土壌消失

リーティングプロバイダーによる、信頼性の高いGMバイオセーフティ実地試験

SGSはさまざまな土地・天候条件における、農学的同等性および栄養学的同等性試験、環境影響、非標的害虫分析に関連するGMバイオセーフティ実地試験の計画および調整において豊富な経験があります。 SGSの施設は、国内外の登録に伴うバイオセーフティ研究を実施するため、適切な業界指定の品質管理システムに適合しています。

バイオセーフティ実地試験の要件については、SGSまでお問い合わせください。