Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

作物プロジェクトに直接または間接的に投資をした場合、SGSの作物モニタリングサービスが役立ちます。 作物の成長から収穫、最初の保管段階までを監視し、損失の見込みリスクを最小限に抑えます。

農業における豊富な経験や世界中の農学者やその他専門家とのネットワークは、SGSの総合的な農業モニタリングサービスが高く評価されていることの証です。

SGS独自の作物モニタリングプログラムは、事前収穫高測定を実施する成長時期の田畑訪問と収穫モニタリングの組合せにより構成されています。

SGSの作物モニタリングサービスには田畑訪問と量的および質的課題の評価が含まれます。 初期調査には下記の業務が含まれます。

  • 測地基準範囲
  • 耕作可能な土地の検査
  • 栽培品種の調査
  • 潜在的生産の計算に対する生産力評価
  • 成長段階の識別
  • 植物検疫に関する検証
  • 農業と気候に関する評価
  • 作物および土壌管理の検査
  • 収穫までの推定期間

生産性に影響を及ぼす可能性のある要因を強調および評価し、意思決定に役立つ明確で確実な最終報告書を作成します。

作物の成長を監視し、収穫から作物の入庫や処理ユニットによる受領に関する作業を追跡します。

SGSサービスの監視範囲には下記の内容が含まれます。

  • 野菜の成長監視
  • 必要に応じて見込み生産性と見込み商品の適合性を再評価
  • 有害生物および病気の記録、および防除スケジュールの分析
  • 農業と気候に関する評価
  • 作物および土壌管理の調査
  • 生産低下の要因分析

収穫時には下記の課題に対応します。

  • 収穫を行う現場の監視および査定
  • 収穫地の詳細情報、推定収穫高、目標を含む日次報告書の発行
  • 商品の追跡

最初の保管場所/生産現場への作物輸送時に、次の業務を行います。

  • 保管場所/生産現場における商品の受領確認
  • 受領商品と推定生産高の比較
  • 見込み商品との相違検査
  • 監視現場からの商品の総収入を含む報告書作成

SGSの作物モニタリングサービスは、独自に監視してビジネス利益となる収穫高を確実にします。