Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの有害生物検査サービスにより、有害生物問題を解決し、育成期の大事なときにより賢明に農学的な決定が行えるようになります。

SGSの有害生物総合防除管理(IPM)プログラムでは、病気、雑草、害虫、およびその他の有害な小動物を特定できます。 田畑の潜在的または実際の問題を検知することにより、費用を節約できるようにします。: 問題特定が早いほど、より簡単に・より安価での修正が可能です。 さらに、調整コストを査定し、潜在的な収穫減と比較することにより、最適な収穫保護製品を選択いただけます。

農作物有害生物管理プログラムには、畑ごとに4回または6回の訪問が含まれています。 このような訪問は、農作物の開発のもっとも重要な時期や雑草や害虫の出現時期に合わせる一方で、お客様のニーズに合わせた時期を選べます。 SGSは、常に、最終的な取り決めとして、次の年につながる生産力と可能な化学薬品の選択に重点を置きます。

有害生物問題を解決し、費用を節約し、収穫高を最大にするには、今すぐSGSにお問い合わせいただき、総合有害生物防除管理(IPM)プログラムについてご確認ください。