Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ELISA(Enzyme Linked Immunosorbant Assay)検査を含むSGSの遺伝子検査は、種子品質を測定し、国内外の適切な規制への適合性を保証します。 これにより市場評価を構築し、処理リスクを軽減することができます。

研究所とのネットワークにより、国内外のリソースや専門家を提供できます。 現在の複雑な取引環境で成功するために、SGSではさまざまな種子品目の幅広い遺伝子調査を実施しています。

偶発性(AP)検査

SGSのAP検査は、アルファルファ、菜種、とうもろこし、綿、米、大豆、甜菜における遺伝子組換事象の存在を確認します。 穀物や種子を供給/販売している場合、微量の遺伝子組換生物(GMO)が含まれているかいないかの確認は極めて重要です。

ELISA(Enzyme Linked Immunosorbant Assay)試験

この試験では、免疫体により記録された特定プロテインを検出および量の特定を行います。 たとえば、Bt corn(GMOの一種)に関する検査を実施し、使用許可条件を満たしているか確認します。 これにより、作物(利益)を害虫から保護できます。

電気泳動法 -等電点電気泳動法(IEF)とアイソザイム試験

遺伝子の純度を試験するため、トウモロコシにはアイソザイム検査法、アルファルファ・燕麦・米・小麦にはIEF検査法を使用します。

トゥルータイプ・オフタイプおよびセルフタイプの評価を行う品質保証検査として、同系交配・交配に関する純度検査及び交配検査を行います。

除草剤特性試験

下記の種子および商品に対して試験を実施します。

  • アルファルファ- Roundup Ready®  
  • 菜種– Roundup Ready® / LibertyLink® / Clearfield®
  • トウモロコシ - Roundup Ready® / LibertyLink® / Clearfield®
  • 米– Clearfield®
  • 大豆- Roundup Ready® / LibertyLink® / STS®

除草剤耐性試験

下記の商品に対して試験を実施します。

  • Liberty® – 草・広葉管理用のファクト作用広域除草剤 
  • Roundup Ready® – 浸透性広域除草剤

DNAとPCRサービス

0.01%という低いレベルでGMOを確認できるDNA検査やポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査に基づいた幅広いGMO検出サービスをご提供します。

特性検査

下記の特性検査を実施します。

  • ELISA
  • Specialized Testing – Breeder
  • Cry1Ab Cry1fの量

品種の純度試験(へそ試験)

100グラムのサンプルに対し、品種純度試験(へそ試験という果実に付随する種子部分の検査)を実施します。 検査は2日間で完了します。

Waxy cornの純度

最低250グラムの提出物を基に、800個の試料種子からwaxy cornの純度を検査します。

SGSの遺伝子検査によって法規制の遵守を確実にし、市場評価を構築し、処理リスクを軽減できる方法の詳細について、いますぐSGSにお問合せ下さい。