Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

遺伝子組み換え作物(GMOs)に対していくつかの国の消費者が依然懸念している中では、貴社製品が適切な規制を満たすことを保証することが大切です。

SGSの個体同一性保持計画(あるいはIPプログラム)は、消費者の信頼および規制へのコンプライアンスの問題に対処します。

種の出自の追跡およびサプライチェーンの各地点にて製品の試験を行うことにより弊社は、一般市民の恐怖を和らげ、関連の法的要件を満たすお手伝いができます。

この水準の穀物トレーサビリティーにより貿易リスクが下がり、製品の価値が高まります。 IPは保存、輸送および生産の中での問題を検出および修正するのみならず、貴社の原料が持続的な生産源に由来していることも保証します。

GMO 試験サービス

長年のラボ経験を持ち、化学、微生物学および農学の学位を持つ科学者が運営する弊社ラボでは、厳密なガイドラインの下でISO 17025およびISO 9001:2008の認定を受けて業務を行っています。 つまり、IPプログラムに加えてGMO試験サービスを実施する設備および能力を、弊社は擁しているわけです。

SGSに今すぐ連絡して、これらのサービスパッケージを利用して、各過程をモニタリングしながらGMOへの規制コンプライアンスを保証しましょう。