Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによるシードヘルステストサービス – 種子のウイルスや病原体を特定し、国際規格に準拠

種子媒介によるウイルスや病原体は、作物に損害を与え、収穫物や収穫高に悪影響を及ぼします。 弊社の熟練した科学者は貴社の作物にどんな植物病が影響を与えているかを識別し、国内販売や輸出に関し情報に基づいた意思決定ができるよう支援いたします。 設備と経験に加え、最先端の技術と最新の試験手法により、貴社のシードヘルステストにおけるあらゆるニーズに対応いたします。

試験サービス

あらゆる種類の種子における多種多様な有機体のテストに対応:

  • ウォッシュテスト(線虫、嚢胞、胞子)
  • 吸取紙テスト(菌類、細菌)
  • 平板培養テスト(菌類、細菌)
  • ELISAテスト(ウイルス、細菌)
  • PCRテスト(細菌)

以下を含む種子の健康問題をテストし、特定します:

  • ベト病
  • 果実汚班
  • 茎枯病
  • バーティシリウム属菌
  • バーティシリウム萎凋病
  • 黒斑病
  • 褐斑病
  • 立枯病
  • ディディメラ
  • アシドボラクス
  • 青枯病
  • トウモロコシ黒穂病
  • 芽枯病
  • ゴス萎ちょう病
  • 萎ちょう細菌病

テストの時期

シードヘルステストは、作物または種子に損害を及ぼす病原体の存在が疑われる場合に行います。 このテストはまた、種子および作物の発送に地方、地域、国内、および国外の法規制が適用される場合にも行います。

シードヘルスの規格とテストは国により異なります。 弊社の試験サービスにより、貴社の作物が目的地の市場における要求基準を満たしているか確認できます。