Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

御社の拠点がどこでも当社のハイテクラボと実地専門家のグローバルネットワークにより、SGSは包括的種子処理サービスを提供しています。

当社の専門性の一つは種子改良研究と関連種子散布テストを伴います。 このテストは処理種子が攪拌されたときに大気中に拡散しうるダストの量を測定します。

ダスト放出率の同定は種子改良の特性だけでなく、その使いやすさと安全性を評価する上で重要なステップです。 処理された種子が攪拌されると、大量のダストを発生することがあります。 ダストの斑点(またはシード粒子)は潜在的な健康と安全への危険であるため、当社によるダスト放散分析結果は、そのリスクを測定し最小限に抑えるための支援を行います。

種子改良研究

研究の開始からデータ分析まで、御社仕様に適合してプロジェクトのあらゆる段階を調整することができます。 実際に、研究設計、複製、結果要約、統計分析、グラフィカルな表現と最終報告書のフォーマットをカスタマイズすることができます。

御社の前処理の研究に対応するために、または当社のラボで御社の特定の処理を適用する経験、設備とスタッフを擁しています。 御社の分析要件を満たすように保護剤、ポリマー、パフォーマンスコーティング、種子の安全性と保存性を評価します。

種子処理ダストオフ分析その他の種子テストを実施するためにSGSをご利用になると、複数のメリットが得られます。 今すぐ当社にご連絡のうえ、歩留り向上、リスク削減、リソース価値の最大化支援方法をさらに発見してください。