Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの種子検査ラボは様々な検査を開発し、- 標準の発芽試験を含めて- 実行します。これには 正確に種を分析し、ビジネスの競争力を強化するにするために設計された標準発芽試験も含みます。

当社の発芽試験プログラムは、公認種子アナリスト協会(AOSA)により発行されてものを含む業界標準に準拠して実施しています。 当社の種子の発芽試験の多くは、国際種子検査協会(ISTA)とそのオレンジとブルー認定(国/会社の輸入要件に関連)の規則に従う苗評価も行っています。 当社はまたカナダの発芽方法も使用することができます。

 

作物

提供されたサンプル

サンプル

テスト

方法/証明書

追加コメント

キャノーラ

25g

400種の種子

AOSA、カナダ、ISTAオレンジとブルー

トウモロコシ

250g

400種の種子

AOSA、カナダ、ISTAオレンジとブルー

二人のアナリストが各サンプルを評価し、すべての真菌種を識別し、異常な苗を報告します。

コットン

250g

400種の種子

AOSA、カナダ、ISTAオレンジとブルー

野草

100g

400種の種子

AOSA、カナダ、ISTAオレンジとブルー

発芽率が低い場合当社は、テトラゾリウム試験を用いて種子の生存度を検査します。 当社はまた発芽率が低い原因を発見するため真菌種と異常の識別も行います。

 

250g

400種の種子

AOSA、カナダ、ISTAオレンジとブルー

ソルガム

250g

400種の種子

AOSA、カナダ、ISTAオレンジとブルー

大豆

250g

400種の種子

AOSA、カナダ、ISTAオレンジとブルー

二人のアナリストが各サンプルを評価し、すべての真菌種を識別し、異常な苗を報告します。

野菜/

乾燥豆

1000種の種子

400種の種子

AOSA、カナダ、ISTAオレンジとブルー

発芽率が低い場合当社は、テトラゾリウム試験を用いて種子の生存度を検査します。 当社はまた発芽率が低い原因を発見するため真菌種と異常の識別も行います。

 

 
   

当社の標準発芽試験、およびその他のテストサービスが正確に種子の品質を分析し、リソースの価値を最大化する方法をご説明しますので今すぐSGSにご連絡ください。