Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

発芽試験やTZ(テトラゾリウム)試験を含む - - ラベリング用のSGS標準テストは、製品ラベルがすべての適切な国内・国際規制や規格に準拠することを確認にします。 このため健康リスクが軽減するほか、市場での評判を強化するのにも役立ちます。

当社のラボネットワークは、異なる種子の種類に対して様々なテストを実施して、グローバルプレーヤーのリソース及び専門知識を地方レベルで提供します。 当社の標準試験は以下のものを含みます:

機械的純度試験

当社は検査対象作物の種類に応じてこのテストを調節しますが、それは常に不純物が最小化されることを保証するための種子処理が含まれます。 当社は、種子の品質向上、価値の最大化を支援するため、不活性物質、雑草種子、有害な雑草の種子や他の作物の種子について報告します。

有害な雑草と種子の検査

当社は、不純物が最小化されるように種子を処理する事により、調査対象作物にこのテストを適応させています。 これは、種子の品質を向上させ、価値を最大化するのに役立ちます。

発芽試験

当社は、公認種子アナリスト協会(AOSA)が発行するものを含め、業界規格に準拠して発芽試験プログラムを実施します。

当社の種子の発芽試験の多くは、国際種子検査協会(ISTA)とそのオレンジとブルー認定(国/会社の輸入要件に関連)の規則に従う苗評価も行っています。 当社はまたカナダの発芽方法も使用することができます。

砂出現テスト

当社の発芽試験を補完するため、トウモロコシ、大豆、野菜、乾燥豆、米、キャノーラや綿を含む種子に砂テストを使用しています。 これは砂の主要な物性の一部を活用します。

  • 真菌の開発を抑制する傾向
  • 均一な水の取り込みを助ける
  • 損傷した苗木の根の成長を促進する
  • 綿の種子のための苗床の条件シミュレート

TZテスト

たいていは2日未満で このテストは極めて迅速に種子生存率の結果を提供し、細胞レベルでの種子活動に基づいています。

当社のラボは、無色のTZ溶液への種子カットや全体の種子サンプルを入れます。 短時間後、呼吸活性に起因する染色パターンを検索するためサンプルを分析します。 最も生存率の高い種では暗赤色に変わり、生存率が低い種では明るいピンクになります。

望ましくない草の種の間引き(UGS)

当社はテスト困難な草種に正確な純度と生存率テストが重要であることを理解し、以下の草とマメ科のテストに焦点を当てて取組んでいます:

  • アルファルファ
  • ブロム草
  • レッドクローバー
  • ホソムギ
  • スイートクローバー
  • ヒロハノウシノケグサ
  • 小麦草
  • シロツメクサ

当社はまたウシクサ、コーンフラワー、グラマ草、緑針草、インディアン草、ネイティブの豆類、スイッチグラス、西部小麦草と野生の花を含むネイティブな草と広葉草本 を調査しています。

当社のラベリング標準テストが規制コンプライアンスを確かなものとし、御社の評判確立を支援できる方法をご説明しますので、今すぐSGSにお問い合わせください。