Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの植物組織分析により貴社の肥沃度管理計画を改善し、作物を保護して生産を最大化することができます。

弊社は、作物の発芽から最初の6週間、そして完全に成長した繁殖期においても、組織サンプリングを実施することができます。 より早い時期で試験することにより栄養摂取に関する有用な情報が提供され、追加肥料の適用の費用対効果の確定に一役買います。 円熟期における試験により実際の栄養摂取量が数値化され、次の季節における肥沃度要件を特定できます。

弊社は正規化差植生指数(NDVI)を使用してリモート感知計測を分析し、以下のものを含む幅広い試験を実施します:

  • ホウ素
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • マンガン
  • モリブデン
  • 窒素
  • リン
  • カリウム
  • ナトリウム
  • 硫黄
  • 亜鉛

弊社の植物組織試験サービスについての詳細を知るには、今すぐSGSまで連絡してください。