Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの農業用水管理サービスにより水質の点検、貴社の使用の改善(特に灌漑において)、そして貴社のリソース管理の改善のお手伝いができます。

水質を正確に測定することにより、弊社の信頼でき認定を受けた分析サービスが、農業用水管理活動を実証いたします。 弊社は以下のパラメータに対して、農業用水試験を実施できます:

アンモニウムと硝酸塩

地下水(掘削孔)で – 特に集約農業の地域で – 、あるいはおとし便所が使用される場所で一般的に発見される。

ヒ素

これら毒性化学物質は地下水、特に高山地域で使用できます。

カドミウム

これは通常、酸性水の中の亜鉛で起こります。

カルシウムとマンガン

これら物質は剥がれ落ちを引き起こし、石鹸の泡立ち特性を引き下げる可能性があります。

塩化物

塩化物の水準は高温乾燥地域で上昇する可能性があり、高濃度の場合には吐き気および嘔吐を引き起こす可能性があります。

銅と亜鉛

これら化学物質は、pHが低い水で銅の配管が行われたときに発生する可能性があり、水の色に影響を与えます。

伝導性 (EC)

EC水準は、全蒸発残留物(TDS)の指標です。

ナトリウム吸収率(SAR)

これは、灌漑用水としての適正の査定に用いられます。

フッ化物

地下水における水準は、高温乾燥地域で上昇する可能性があります。

pH

これにより腐食あるいは剥げ落ちの可能性が示される場合があります。

カリウムとナトリウム

塩化物におけるこれら塩の影響を予測することができます。

SGSに今すぐ連絡して、弊社の水試験サービスが品質およびリソースの管理の改善をお手伝いできる方法を発見しましょう。