Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

農業における化学品使用は、ほとんど農業それ自体と同じぐらい長い歴史がありますが、エンドユーザーが使用できるようになった化学品および混合物の範囲は、過去50年に爆発的に拡大しました。

これにより、食物連鎖内でのこれら製品使用および産業廃棄物および汚染による危険に関する公共の憂慮が高まっています。

農業化学は、農民に巨大な恩恵を与えていますが、価値破壊の根本原因にもなり得ます。 最良の化学品の正当な使用とその使用の影響を最小に抑えることで、バランスを保つ必要があります。 規制はこのセクターで非常に大きな役割を果たしますが、水耕法から精密農業まで、価格プレミアムから革新的な生産手法も同じように重要です。

適切な時期に適切な方法で、既存の規制へのコンプライアンスにおける化学物質の適切な組み合わせを用いることは、簡単な業務ではありません。 SGSは、製造から終了使用まで、リスク管理および規制コンプライアンスを実施しながら、これら農業化学品の生産、通商および使用を支援するために、非常に多様なサービスを提供します。