Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの環境影響研究では、制御された農場およびラボ条件下での貴社の殺虫剤などの農薬の行動を試験および記録します。

このため弊社の環境研究では、必要に応じて貴社製品を微調整するために必要な独自データを提供し、登録手続きを簡素化します。

弊社はデザインから実施に至るまで環境影響研究を管理でき、試験責任者あるいは主任調査官として行動いたします。 弊社は1999年に欧州連合(EU)により、そして1995年に米国環境毒物化学学会(SETAC)および/あるいは環境保護庁(EPA)により発行されたガイドラインに従って、医薬品安全性試験実施基準(GLP)の下で各研究を実施します。 さらに、米国および欧州における規制が再検討される場合には弊社は、貴社の要件に従ってカスタマイズされた研究アプローチを実施できます。

弊社のグローバルネットワークでは、幅広い地理および気候条件におけるフィールドベースの研究を実施することができます。 弊社は以下の点で研究を行います:

  • フィールドろ過、流出液および排水
  • 地下水/表面水のモニタリング
  • 土壌の消散/蓄積

SGSに今すぐ連絡して、弊社の環境影響研究により貴社の登録手続きをお手伝いできる方法を発見しましょう。