Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

農薬は農業において持続可能な事業の鍵となる可能性がありますが、その使用は論争の的となっています。

生物濃縮のリスク、生物学的多様性の破壊、汚染の問題、および廃棄物取り扱いや化学物質の排水に関する疑問が、監視官および公衆の両者における農薬に関する監視と懐疑的な感情を増大させてきました。

農薬は近代農業において有益な手段となり得ますが、価格破壊の原因となることもあります。 適切な時期に適切な方法で、既存の規制へのコンプライアンスにおける化学物質の適切な組み合わせを用いることは、簡単な業務ではありません。 弊社の業界専門家は、影響を最小限におさえ効果を最大限にするために、農薬を正しく選択し、適切な使用法、適切な量と時期を選択できるように支援します。

SGSはサービスの包括的な幅を提供して、農薬の生産者・販売者および使用者をサポートします。 当社は次のサービスをご提供できます。

  • 実地試験
  • GLP残留物分析
  • 環境影響研究
  • 生体毒性研究
  • 分析化学
  • ブランド保護およびサプライチェーンの管理

弊社の幅広いサービスのポートフォリオは、弊社パートナーをサポートし、製造から最終使用までの規制コンプライアンスを保証するためにデザインされています。 当社の支援方法をご説明いたします。