Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの化学分析サービスを利用して、人および動物に対する農薬、殺虫剤、肥料、および薬物に関連した潜在的に有害な残留物に対しての試験を実施することができます。またそれにより製品の安全性と法規制の遵守を確保することができます。

世界中にあるSGSの研究所は、多くの異なるマトリックス全域において分析方法を最適化するために、機器、技術、および知識を継続的に更新しています。 SGSは、GLP(優良試験所規範)の原則に従って、生産物に対する残留対策プロジェクトを実施します。

サービスの範囲

  • タンデム質量分光分析(LC/MS/MS)方法による液体クロマトグラフィー、高速液体クロマトグラフィー(HPLC、紫外線(UV)検出または蛍光検出)、カラムスイッチング法、ポストカラム誘導体化
  • いくつかの注入オプション(スプリット注入またはスプリットレス注入、カラム、大規模ボリューム、ヘッドスペース、kryo注入)およびイオン化オプション(電子イオン化(EI)、化学イオン化(CI))を使用したガスクロマトグラフィー/質量選択検出器(GC/MSD)、ガスクロマトグラフィー/電子捕獲型検出器(GC-ECD)、ガスクロマトグラフィー/炎光光度検出(GC-FPD)
  • イオンクロマトグラフィー(IC)、原子吸光分析(AAS)、誘導結合プラズマ(ICP)分析法
  • ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)、高速溶媒抽出(ASE)
  • 免疫アッセイ

調査の種類

  • メッソド開発および検証
  • 独立した実験室の検証
    • すべての行列内残基の決定(例えば、植物、加工製品、土壌、水、空気、動物の行列、体液、コモディティグッズ)
  • 付随分析、生態系汚染
  • 保管安定性の調査
  • コンテンツの決定
  • 5バッチ分析
  • 生産物同等性の判定
  • 微量な組成および汚染物質の分析

SGSの分析化学サービスによって健康・安全規範に適合できる方法を確認するには、今すぐお問い合わせください。