Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの残留物試験は、優良試験所基準(GLP)の要件に適合し、規制遵守を確実にするために、幅広いGLPサービスを提供しています。

GLPプログラムの管理

SGSは、GLP残留物試験を含む、残留物プログラムの計画・調整に関する豊富な社内経験と、複数の現場受託企業との契約実績があります。 SGSのプログラムには、試料の配送・保管に加え、さまざまな応用技術が含まれているため、どのようなプロジェクトでも全体的または部分的な研究を実施することができます。

SGSの試験およびプロジェクト管理サービスには下記の内容が含まれています。

  • 該当する試験範囲のアドバイス
  • さまざまな国/地域での該当する場所の選択
  • それらの国/地域での実地組織との調整
  • 試験計画の草案と修正
  • 重要な工程の監視とオンサイト調査の実施
  • 定期報告書と最終報告書案の送付
  • 残留物調査書類の概要の作成

作物畑における活動

唯一のGLP残留物研究企業として、関連する地理的条件・栽培条件・天候条件などさまざまな現地試験を実施します。 すべてのシナリオに対し、世界各国のSGSの現地ネットワークでは標準実施要領(SOP)を導入し、統一された内容の手続処理を実施します。 

プロセスおよび分析/研究活動

幅広い活動(たとえば小麦から小麦粉やパン、大麦やホップからビール、オレンジからジュースへの加工)に対しGLP遵守の食品加工調査を実施します。

GLP残留物検査および分析サービスには下記の内容が含まれます。

  • 方法開発および検証
  • 独立した実験室の検証
  • 作物(輪作作物を含む)、加工製品、組織、土壌、水、空気の残留物分析

GLP残留物試験とその他契約調査サービスの詳細については、今すぐSGSにお問合せ下さい。