Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ISO 22000 認証を取得すると、食品のサプライチェーンを通じて、貴社の製品を販売しやすくなるでしょう。

SGS の経験豊富な審査員が、食品安全マネジメントシステム規格に対して貴社を審査し、食品安全危害を管理・減少させるご支援をします。

ISO 22000 認証は、最終製品の安全性に影響を与える食品連鎖内の全プロセスを対象としています。 これは包括的な食品安全マネジメントシステムの要求事項、適正製造規範(GMP)、危害分析および重要管理点 (HACCP)の要素を統合するための要求事項を特定します。

この国際的に認められた食品安全規格は、農場生産から食品サービス、処理、輸送、および保管から包装、さらに小売にいたる食品のサプライチェーンの全企業により適用される必要があります。 貴社の食品安全への取り組みを実証し、当社の食品安全専門家のグローバルネットワークによる審査により、貴社の競争力を強化できます。

2005 年に策定された ISO 22000 認証は、さまざまな国家規格を 1 つのわかりやすい規格に統一した食品安全規格であり、これにより世界中で認められます。

ISO22000 は、大手小売業者や世界的なメーカーの個別要件にさらに対応する国際食品安全イニシアチブ(GFSI)に認められた規格であるFSSC 22000 の中核になっています。

SGSでは、ISO22000からさらに発展した FSSC 22000 の認証審査も実施できます。

SGS の ISO 22000 認証による食品安全規格への準拠