Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、さまざまな食品の残留農薬を試験して、多くの国で設定されている許容残留量(MRL)に適合することを保証できます。

消費者を保護するために、残留農薬は世界中で厳格な法律に基づきます。 製品が国際的な規制に適合することを確実にするために、弊社の残留農薬分析では、農薬の特定と管理における不可欠なツールを提供します。

農薬の過剰使用は食物連鎖への危険レベルの有害化学物質の混入を招くことは周知の事実です。 生鮮果物および野菜の消費量は増大しており、残留農薬の影響を受けやすいのが、これらの生鮮食品です。

SGSは、液体クロマトグラフ技術およびガスクロマトグラフ技術を使用して、以下を含む数百種類の残留農薬を試験できます。

  • 防かび剤
  • 除草剤
  • 殺虫剤
  • 軟体動物駆除剤
  • 殺鼠剤

現在、管理対象の残留農薬が増加する中で、最新の規制に遅れを取らないことで弊社を信頼してください。 弊社は、農業用化学物質に対する試験のベストプラクティスを開発する研究所の確立された世界的ネットワークを持っています。 製品が規制基準を満たしていることを保証するために、熟練技術者が以下の食品の種類に対して農薬被ばくを試験します。

  • 飲料
  • シリアル
  • 穀物
  • マメ科植物
  • 乳製品
  • 果物
  • 食肉
  • 野菜

弊社の残留農薬試験、および製品が規制要件に適合できるように支援する方法の詳細について、SGSにお問い合わせください。