Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの毒性リスク評価サービスは、潜在的な危険物質への暴露に関するリスクを軽減いたします。

製品で使用される物質の毒性は、今日の消費者にとって重要な関心事です。消費者は製品によって健康または福祉が損なわれない安心感を求めています。 製品で使用される物質の毒性は、今日の消費者にとって重要な関心事です。消費者は製品によって健康または福祉が損なわれない安心感を求めています。

SGS毒性リスク評価サービスでは、生体外試験、動物実験、および疫学データにおける利用可能な情報に対して、製品およびその原料を評価することで、消費者の健康(肌や目への刺激、皮膚感作性)に起こりうる悪影響のリスクに焦点を当てます。 SGSの目的は、早期にリスクを軽減し、将来の危険を防止することです。 特定の原料に関して情報が入手できない場合は、SGSの研究所で生成物毒性分析を行い、成分が大きなリスクとなるかどうかを判断します。

弊社の毒物学コンサルタントが特定の要件を満たすためにどのサービスが最適であるのかを助言いたします。 さらに、世界中の規制当局の要件を満たすために、あらゆる評価および試験を実施するので、製品を新たな地域市場に投入する際に時間を無駄にすることはありません。

最適の評価と試験を選ぶことにより、ブランドの信頼性を維持し、市場で最高の結果を出すための安全なプラスチック製品及び合成繊維製品を準備できるように支援します。

SGSは、毒性リスク評価を実施する理想的なパートナーです。 詳しくは、SGSまでお問い合わせ下さい。