Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ISO 45001認証 – SGSで新規格の認証または移行を行うことで、貴組織のリスクを低減し、労働安全衛生(OHS:Occupational Health and Safety)を推進することができます。

労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)は、組織のリスク管理戦略に不可欠な要素です。 OHSMSの導入によって、次のようなことが可能になります。

  • 管理下にある労働力の保護 
  • 法的要求事項への適合 
  • 継続的な改善の推進

ISO 45001はOHSMSに関する新しい国際規格です。 ISO 45001規格はOHSAS 18001に類似している一方で、すべての新規または改訂されるISOマネジメントシステム規格に適用される附属書SLの上位構造のフレームワークを採用しています。

ISO 45001は、ISO 9001:2015やISO 14001:2015など、その他のマネジメントシステム規格との整合が可能です。 ISO 45001は2018年3月に発行されました。

OHSAS 18001の主要な要求事項と相違点は、次のとおりです。

ISO 45001規格 – 重要な分野と組織の状況

ISO 45001は組織の状況を理解することを重視しています。 この規格は、組織に労働安全衛生マネジメントの観点で、利害関係者の期待を考慮することを要求しています。 組織はOHSMSに関連する利害関係者だけでなく、それらの利害関係者に関連する要求事項を決定しなければなりません。

ISO 45001は、組織に肯定的または否定的に影響する可能性のある重要な課題と働く人に対する労働安全衛生の管理方法に関する高い水準の理解を提供することを意図しています。

利害関係に関する課題は、意図した結果を達成するための組織の能力に影響を与えるものです。 それにはOHS方針の取り組みなど、OHSMSのために設定された目標が含まれます。

OHSリーダーシップ

トップマネジメントには、戦略計画にOHSのパフォーマンスを考慮した直接的な参加を通じて、OHSMSに対する参加と関与を実証することが要求されるようになりました。

また、トップマネジメントには、人々を指揮、支援し、OHSMSの文化を推進、主導するうえで積極的役割を果たすことで、OHSMSの効果に貢献することが求められます。

この新しい規格は、労働安全衛生マネジメントに関するトップマネジメントの責任と説明責任に対する要求事項を明確に定義しています。 これにより、最終的にはトップマネジメントが説明責任をもつことが要求されます。

参加と協議

この規格はOHSマネジメントの主要な要素として、トップマネジメントに働く人やその代表者との協議、その参加を促進することを要求しています。

協議は対話や意見交換など、双方向のコミュニケーションが意図されており、働く人やその代表者に対して必要なタイムリーな情報提供が含まれます。

OHSマネジメントシステムは、働く人がOHSパフォーマンスに関する意思決定に貢献できるよう、働く人の参加が重要です。

組織は全階層の働く人に、予防処置や是正処置をとることを可能にするため、危険な状況の報告を促さなければなりません。 また、働く人は解雇や懲戒処分、その他の報復を恐れることなく、改善提案ができなければなりません。

OHSMSに対するリスクに基づいたアプローチ

組織の状況を重視することに加え、OHSMSの策定と導入時にリスクに基づいたアプローチを採用することが要求されています。 組織は、OHSMSによって意図された成果を達成するためにリスクと機会を特定しなければなりません。

これらのリスクと機会にはそれらに関連したもの、組織の状況によって決定されたものが含まれます。 組織はこれらのリスクや機会に対応するための活動を計画し、OHSMSプロセスへ実装し、その有効性を評価しなければなりません。

外部委託

この規格は、OHSMSに影響を与える外部委託されたプロセスを特定し、確実に管理することを要求しています。 外部委託された製品および/またはサービスが組織の管理下にある場合、供給者や契約者のリスクは効果的に管理されなければなりません。

文書化した情報

OHSAS 18001で存在した「文書と記録」の代わりに、「文書化した情報」という用語が使用されています。 スマートフォンやタブレットなどの電子情報によるエビデンスも認められています。

OHSAS 18001からISO 45001への移行

貴組織が現在、認定下のOHSAS 18001認証を取得されている場合、ISO 45001認証への移行期間として、ISO45001の発行から3年間の猶予が与えられます。

SGSがご支援できること

SGSはISO 45001の要求事項、附属書SL、リスクに基づいた考え方などについてのトレーニングをご提供しています。 SGSはご要望に応じて、OHSAS 18001からISO 45001認証への移行に必要となる変更内容の比較に利用可能なギャップ分析を提供できます。

ISO 45001移行の詳細については、SGSまでお問い合わせください。

今後について

ISO 45001規格は、ISOストアもしくは日本規格協会にてご購入いただけます。

ISO 45001については、ISO/PC 283がその策定と発行に責任を負っています。

ISO 45001の発行に関するご質問は、お気軽にお問い合わせください。