Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSでは、効率を最大化しつつ環境や現地生態系に対する悪影響を最小化するために、生態系や生活環境リスクの評価を提供しています。 プロジェクトに合った行動計画をお求めの方は、今すぐ経験豊富なSGSのチームにご相談ください。

生物燃料の生産は環境に多くの利点をもたらしますが、持続可能性に関しては課題もあります。 生物燃料は、二酸化炭素や亜硫酸ガスの削減に役立ちます。 けれども、新しいプランテーションの導入は、現地の生態系に影響を与える可能性があります。 収穫高の拡大が成功することを保証するには、既存の生産工程やインフラストラクチャを変更しなければならないことがあります。 また、栽培する地域社会にとって効果的であるためには、収穫高も持続可能である必要があります。

SGSの生態学的なリスク評価は、このような重要な問題を考慮して、現場周辺の脆弱な生態系の保護を重視します。 SGSは、新しい種子・作物・化学物質・肥料などの変化に晒される地域を調査し、コンピューターマッピングを利用して、現地の生態系に対する潜在的な影響を評価することができます。

またSGSでは、人体の健康や地下水資源に対する潜在的な影響も調べます。

SGSの経験豊富なチームによるロバストなリスク評価は、あらゆる規制の要件を満たし土地利用を成功させるために必要な、あらゆる是正処置の検討を可能にします。 今すぐSGSに連絡して、プロジェクトが始まる前に、さまざまなソリューションを検討しましょう。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。