Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

組織の環境資質を顧客、消費者、株主に印象付けるには、温室効果ガス(GHG)排出量を明示して、効果的に伝える必要があります。

株主は会社が環境規格を守り、日常業務の中で環境への影響を削減する取組を示すことを期待しています。

PAS 2050は公開仕様書で、参考になります。 これにより、組織の活動、製品、およびサービスの環境への影響を測定し、そのライフサイクルGHG排出量を測定できます。

SGSは組織がこれらのカーボンフットプリント規格に適合できるようお手伝いできます。 弊社の監査と評価により、競争上の優位性と顧客の信頼を獲得できます。またサプライヤーのライフサイクルGHG排出量も管理できます。

PAS 2050:2008 を実装すると次のことが可能になります。

  • 将来的なGHG排出量の削減に関連して、工場およびサプライヤーのGHG排出量を管理する。
  • 自社のライフサイクル評価においてこのデータの必要性が増すため、競争上の優位性を確立する。
  • 低カーボンおよびグリーンデザインの考え方を提供し、原材料の使用を削減し、低カーボンサプライヤーの利用を増やす。
  • 市場をリードし消費者の環境認知度を高めるために顧客の期待に応える。
  • 一般に報告されている適合性クレームおよびその結果のやりとりを通じて消費者の信頼を勝ち取る。
  • 将来のカーボンラベリング申請のためのたたき台を提供する。
  • マーケティングおよびコミュニケーションで独立した検証マークを使用できるようにする。
  • 代替製品の構成、代替原材料、およびプロセスの調査と、排出ホットスポットの特定により、排出量を削減するための内部活動をサポートする。

組織とサプライチェーン全体におけるエネルギー削減ソルーションを評価し、PAS 2050 「カーボンフットプリント」 規格に適合するため、SGSと契約してください。 国際標準化機構(ISO)は商品のカーボンフットプリントに関する新しい規格ISO 14067に取り組んでいます。

弊社はISO 14001:2004認証およびISO 14064:2006検証/検定の世界的なリーダーでもあります。