Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの廃水処理研究は廃水が安全に処分されたり運転での再利用できることを確実にします。

環境汚染を防止するために、廃水が海、河川や小川に放出される前に、適切に処理することが不可欠です。 廃水浄化は規制に準拠した安全な廃棄を意味するともいえます。 また、適切に処理された廃水はリサイクルし、灌漑などの高品質な水の使用目的のために再利用することができます。 これらのケースのいずれかですべての必要な水規制を満たすために、当社の廃水浄化サービスにお任せください。

独立した信頼性の高い検査、検証、テストおよび認証のために当社こそ最良の選択です。 世界中の水関係機関との豊富な経験は、廃水浄化プロジェクトの成功を保証します。

新処理プラントまたは既存の設置のどちらでも、通気システムや消毒処理など一歩進んだ新処理革新技術と改善を検討いたします。 また、現在のビジネスの中断を最小限に抑え、既存の業務を拡張および強化できます。

御社独自自己監視システムを運用している場合、当社の環境チームは、品質管理して、水モニタリングとサンプリングデバイスの妥当性を検証することができます。 当社の検査内容例:

  • 水のサンプル採取のために使用される方法見直し
  • 標本分析と監視装置の配置と動作条件
  • 標本分析ボリューム
  • 温度レベル
  • 水標本の輸送および保管条件
  • 年中に送信されたすべてのセルフモニタリングデータの年次チェック

次のような技術的要件との準拠を検証します。

  • システムチェックの検証
  • 評価機器及びセンサーの品質評価
  • 試料の編成
  • 測定管理
  • 清潔さと沈泥のレベル

SGSはまた、最近ではアデノシン三リン酸(ATP)の革新的な技術測定法を使用して、御社の水中に存在する生物を評価するための新しい技術を開発しました。 ATP測定法は、効率的に処理のプロセスを監査し、必要な改善を識別するのに役立つ高速かつ安価な定量的方法です。 グローバルレベルでこの第二世代ATP測定法を提供できる唯一の会社です。

認定済み学際的専門家チームはすべての関連法規の遵守を保証します。 また、成功を確実にするために、プロジェクトのすべての段階で技術的な助言と情報を提供しています。 廃水処理の研究のために、今すぐ経験豊富な環境チームにご連絡ください。