Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの構造ヘルスモニタリング(SHM:Structural Health Monitoring)は遠隔地からリアルタイムに重要資産を監視することで、その耐用年数を延長します。

橋梁、クレーン、土木構造物などの重要資産は古くなり、劣化の影響を受けるようになります。 亀裂などの欠陥は気づかれずに進行し、時間をかけて悪化する可能性があります。 従来の目視点検や非破壊試験(NDT:Non-Destructive Testing)法を使用して欠陥が検出される頃には、資産不良の防止に遅すぎる可能性があります。

SGSは貴社の重要資産の健全性に関する継続的でリアルタイムな監視を提供するセンサーベースのSHMソリューションを提供しています。 これにより、欠陥が貴社の営業や財務に深刻な影響を与える前にその特定、対応が可能になります。

年中無休のリアルタイムなセンサーベースの監視による貴社の資産の保護

SGSの遠隔センサーベースソリューションは、年中無休で追加的な人件費を必要とせず、NDT試験者を雇用するのと同様です。 当ソリューションはモノのインターネット(IoT)に対応したシステムを利用して、NDT規格に基づいて欠陥を継続的に評価します。 SGSのソリューションは、欠陥が壊滅的な欠陥に至る前にその対応を可能にすることで、資産不良のリスクを低減します。

継続的な遠隔SHMは、ダウンタイムの最小化と貴社の資産の耐用年数全体にわたるメンテナンス費用の低減に貢献します。 SGSは温度や局地的加速度などのパラメーターを同時に追跡し、その進展を監視することで、欠陥の挙動に関する根本原因分析を提供します。 これにより、予防的メンテナンスの計画や営業的・財務的な意思決定の支援が可能になります。

SGSの5段プロセスによるリスクの低減

SGS AIMSightインフォグラフィック

SGSが選ばれる理由

SGSはNDTサービスに関して高い評価を受ける、世界的な設備資産保全管理サービスの大手提供社です。 SGSは貴社の投資の保護に貢献する知識と経験を備えています。

SGSのSHMサービスの詳細については、SGSまでお問い合わせください。