Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSが提供する運転およびメンテナンス中のリスク管理 – 貴社資産の耐用期間中のリスクを分析するための包括的で構造的なアプローチを提供します

効果的な計画やリスク管理なしでは、貴社の操業は想定外の運転停止や出費に直面する可能性があります。 運転中およびメンテナンス中におけるリスク管理へのSGSのアプローチは、費用を最小限にとどめるための予防的処置に焦点を当て、貴社の資産が耐用期間中に最高の性能を発揮することを確実にします。 

SGSが提供する運転およびメンテナンス中のリスク管理業務を選ぶ理由

SGSはリスクに基づいたメンテナンス計画を提供し、以下の点でお役に立てます:

  • 製造者のメンテナンス仕様を遵守し、貴社運転業務品質を改善します
  • SGSの効果的な統計的工程管理(SPC)管理技術を通じ、メンテナンス費用を管理します
  • 繁忙期を予測し、運転に影響を与えるリスクを特定します
  • 停止時間および関連する費用を削減します
  • メンテナンスおよび信頼性意思決定を改善します

運転およびメンテナンス中のリスク管理におけるグローバルリーダー

SGSは、包括的な試験、分析およびリスク管理プロセスにおいて50年を超える経験を有しております。 SGSのリスク管理業務には、以下のものが含まれます:

  • 現場検査やその他の記録から包括的にデータを収集します
  • データベースを構築し、データ処理を実行します
  • 工程を分析します
  • フォルト・ツリー解析
  • 欠陥モード、影響および臨界分析(FMECA)に加え、プラント、システムおよび処理のさまざまなモデリングおよびシミュレーション
  • リスクベースの検査(RBI)プロセスを展開するために、リスクを特定し問題を優先化します
  • プラントおよび機械に対する予防的メンテナンススケジュールを開発します
  • 性能、欠陥および故障に関わる費用を分析し、システムの信頼性と性能を向上させます

SGSのリスク管理技能センターは、適用される基準に則り、それ以上の期待に到達することを保証いたします。

運転とメンテナンスへのSGSのアプローチが貴社業務にメリットをもたらす方法について、SGSのリスク管理専門スタッフに今すぐお問い合わせください。