Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの土壌試験は、土壌の適切性に関する重要データを提供し、建設プロジェクトの情報に基づく意思決定と計画の実施を判断するのに役立ちます。

現場の土壌品質は、建設プロジェクトで重要な役割を果たします。 このため構造物に耐えられるか、土壌の性質を特定する必要があります。 SGSの土壌試験は、土壌の適切性に関する重要データを提供し、建設プロジェクトの情報に基づく意思決定と計画の実施を判断するのに役立ちます。

建設プロジェクトでSGSの土壌試験が役立つ理由

土壌の化学的・地質工学的特性を検査する土壌試験サービスを利用すると、次のことができます。

  • 土壌の適合性を判断し、建設プロジェクトに耐えられる能力があるかを評価する。
  • 建設現場や建設場所など、様々な種類の土壌の特性を確認する。
  • 強度、密度、圧縮、汚染物質、有機物、砂の含有量を試験し、建設プロジェクトへの影響を評価する。
  • 建築許可および許可申請を支援するための技術・安全性データレポートの編集に必要なデータを取得する。
  • 正確な結果を取得することで、建設プロジェクト全体を通して最高レベルの品質と安全性を確保しながら、土壌の開発を監視する。

実績のあるSGSが提供する、信頼性の高い土壌試験

世界最大級の検査機関であるSGSは、正式許可を受け、試験の実施資格を有し、国内および海外の品質規格に従って土壌試験を実施いたします。 さらに、優れたグローバルネットワークと実績を誇るSGSは、世界中の土木建築業者、コンサルタント、製造業者、政府当局から信頼のおける機関として第一に選ばれています。

SGSの土壌試験サービスには、次が含まれます。

  • 剪断強度、圧縮強度、圧密、透過性、基盤負荷、土壌指数、湿度/密度などのラボ試験
  • ソフトウェア解析
  • テクニカルサポートおよびコンサルティング

SGSの土壌試験は、土壌の適切性に関する重要データを提供し、建設プロジェクトの情報に基づく意思決定と計画の実施を判断するのに役立ちます。今すぐSGSまでお問い合わせ下さい。