Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

空気中揮発性有機化合物(VOC)の最も信頼性のある試験方法の一つはキャニスターの使用によるものです。

SGS はこの業界標準方法に関する専門知識を持ち、キャニスター測定サービスにより貴社の空気品質を正確に評価できます。 確実に空気検査に合格するために、当社の認証を受けたチームまで今すぐお電話ください。

揮発性有機化合物(VOC)は、屋外空気、工業プロセス、製品及び器具、建材及び設備等のさまざまな発生源から排出されます。 多くの排出物質は有毒であり、換気のよくない場所に滞留し易く、一般的にいわれる「シックハウス症候群」を発生させます。 このような物質に長期的に暴露されると貴社の社員の健康に有害作用を及ぼし、日々の生産性及び年間利益に影響します。 クロロフルオロカーボン等 VOC の一部は禁止されているか、職場における社員の暴露許容量が厳格に規制されています。 規制要件に合格し、確実に安全な職場を提供するために、貴社に代わって空気モニタリングプログラムを管理できる当社にお任せください。

VOC の最適な監視方法は空気試料を一定期間に渡り排気したキャニスターに収集することです。 キャニスターは搬送が簡単で、ラボ分析を行うために現場でサンプリングのできる便利な手段です。 キャニスターを使用すれば、全く同じシステムを使用して複数のサイトを分析できるため、一貫性のあるソリューションが必要な複数のサイト業務において費用対効果が高まります。 その他の試験とは異なり、この方法は水蒸気の影響を削減するため、結果の精度が上がります。

当社の報告資料は規制上の検査及び監査をサポートするために使用することが可能です。 世界最先端の検査会社として、認証を受けた試験チームが貴社のために環境管理プランを引き受けるので、貴社は本業に集中できます。

当社の一連の革新的、カスタムソリューションはビル設計の改善、換気改善及び屋内空調改善さらに屋外作業空間における排出制御等にも対応できます。 将来に渡り清潔な職場を維持するための持続的メンテナンスプランにより支援いたします。

職場の空気品質を制御するなら今すぐ当社との打合せを予約してください。