Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

このトレーニングは、米国に紹介することを目指しました。 テロ行為防止のための税関産業界提携(C-TPAT)プログラム、C-TPATプログラムの背景、および国際的な貿易活動を行う組織にとってのC-TPATの利点を理解していただくことを目的としています。

C-TPATトレーニングは次の3つのセクションで構成されています。

  • C-TPATアウェアネストレーニング: プログラムについて、認証要件に関する説明(参照: SGS CTPAT監査チェックリスト)、および現地システム検討
  • 手続きのセキュリティ、個人機密、教育およびアウェアネストレーニング要件、文書およびレコード管理、および現地ハードウェア設備指導
  • C-TPAT Gap分析評価: 資料作成検討および記録検査、関連担当者面接、成果の所見、および要約

これらのセクションのそれぞれで、C-TPATトレーニングの該当する箇所を取り扱い、弱点に対処するために組織のセキュリティプロセス、是正措置の特定方法、および改善計画の策定方法について学習します。

顧客のC-TPATの適合性と、商業的方法の定期監査の期限についても取り扱います。 これは、見込みまたは請負の第三者サプライヤ、メーカー、運送会社、および類似サービスの提供業者における安全保証制度および警備手順の適合性にまで及びます。 この知識を利用して、サプライチェーン全体のリスク評価に基づき、顧客のセキュリティ要件を正確に評価できます。

トレーニングは、C-TPATプログラムの開発、実施および管理に関与している職員全員向けの概論です。

トレーニングは、講義とワークショップ演習で構成されています。

SGS C-TPATトレーニングコースの詳細は、SGS教育訓練部にお問い合わせください。