Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

燃料油の品質管理は生産者、商社及び物流業者にとって重要な リスク管理活動です。 SGSでは ISO、 EN とGOST の各規格または特定契約限界値等の各種基準に対するスルスペックテストを実施します。

燃料油市場が多様化して高度化するに伴い、整合的で詳細な分析ニーズは高まるばかりです。 かつては初歩的な制限のみで製品化が可能であった極めて低レベルの製品が極めて複雑な世界市場に成長しました。 機会が大きくなるにつれリスクも高まりました。

SGS はリスク管理とともに機会を利潤に変換できます。

燃料油試験サービス

燃料油カーゴは指定仕様に応じて当社のラボで試験可能です。 以下のようなフルスペックテストを実施できます。

  • D1160 蒸留(スタンドアロンまたは特性評価、 アスファルテン、臭素価、 フロキュレーション等)のルーチン同定 
  • 硫黄成分
  • 微量金属成分(例:ナトリウム・バナジウム、アルミニウム)
  • 粘性
  • 流動点同定と密度 

当社ラボ のグローバルネットワーク は利害関係のあるステークホルダーが使用するための整合的な分析プロファイルツールセットを提供します。

燃料油は以下のかたちで試験可能です

  • バンカーフューエル
  • 混成成分
  • フィードストック
  • パワーステーションフユーエル

なぜSGS か

全種類の燃料油のテストと検査サービスのことならSGSにお任せください。 当社の経験豊かな分析は最先端技術を装備した先端ラボで作業します。 当社の大部分のラボ施設はISO 17025認証ラボであり、業界最高水準の分析テストを提供しています。 SGS はラボ品質を維持し、社内及びサードパーティーのラウンドロビン方式のテストプログラム、社内及び独立監査と厳しいトレーニングと競争的コンプライアンス規格への参加を通して能力を監視しています。

SGS は活発な産業のリーダーとして、多くの産業団体、規格機構、 IFIA、 ASTM、 ISO、 CEN と EI 内にあるような技術作業部会のメンバーとして活発に活躍しています。 

SGSの石油、ガス、化学品カーゴ全ての貿易検査指名はISO、CENまたは国家または域内規格機構により規定されたAPI, MPMS, ASTM、UOP、GOST、EN または IP 等の主要石油石化関連規格に基づいて行っています。 特注設計またはクライアントから提供された分析方法も仕様上必要なら実施できます。 取引におけるリスク管理を最善に支援する手段として参照ないし使用する最も適格な規格について決定支援できます。

当社のクライアントはさらに作業内容、規格、技術関連の全ての課題について支援を提供する技術サポートチームにも依存できます。

SGSによる燃料油テストサービスについてさらにお問い合わせください。