Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのオイルコンディションモニタリングサービスは、潤滑油、グリース、作動流体を迅速かつ正確に分析します。

装置に適切な注油を行うことは、お客様の装置をトラブルなく長期的に維持するための最も重要かつ唯一の対策です。 ベアリングの不具合のうち75%は、注油不良が原因と考えられています。 不具合原因が汚れであれ、不適切な注油であれ、適切な注油の重要さは、どれだけ誇張してもし過ぎることはありません。

装置動作・故障分析プログラムを活用した、弊社のオイルコンディションモニタリングサービスは、装置の故障防止に役立ちます。 お客様の注油ニーズを評価し、お客様のニーズに合ったオイル分析プログラムをご提案します。

潤滑油、グリース、作動流体を分析することで、発電用オルタネーター、ギアボックス、コンプレッサー、油圧システム、その他の重要装置の内部で発生する事象を素早く的確に把握することが可能になります。 また石油自体の状態に関して重要な情報が得られます。 効果的な潤滑油監視により、メンテナンス計画を効率化し、高価な装置の損傷リスクを最小限に抑え、停止時間を防止することができます。

最先端技術を活用した応答性の高いオイルコンディションモニタリング

弊社試験では、潤滑油、油脂および油圧液体を分析するために、診断エンジニアの専門技術を最新技術と組み合わせています。 石油の物理的および化学的性質の両方を点検して、金属の摩耗および石油自体の情報を取得します。

弊社は貴社のために試料分析を実施でき、また安価な使いやすいキットを提供できます。 それから試料を弊社試験所に郵送することで、通常試料受け取りから24時間から48時間以内に結果を出すことができます。 緊急試料では結果判定時間を短縮できます。

潤滑油試験分析で何らかの「警告」状況が発生した場合は、SGSは電話またはEメールで貴社にすぐに通知し、すぐに行動を取れるようにします。

弊社の専門家チームは、最新鋭のトライボロジー分析を駆使して、コンポーネントの不具合原因をより深く理解します。 また弊社の専門家は、貴社のスタッフにOCMプログラムの使い方をトレーニングすることもできます。

SGSが提供するオイルコンディションモニタリングサービスは、お客様の装置のより効率的なメンテナンスをサポートいたします。詳細をご覧ください。