Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによる焼却主灰の金属試験 – 当社独自の方法により、地方焼却主灰(MIBA)に含まれる金属濃度を測定します。

焼却主灰には通常、特定濃度の貴重な金属が含まれています。 また、焼却主灰は、金属が取り出された後、二次建設材料として使用することができます。 焼却主灰から最大限に回収できるよう、それに含まれる金属の種類や量を把握しておく必要があります。

そのため、当社は地方焼却主灰の金属片試験を開発しました。これは、オランダ廃棄物管理協会(VA)との密接な協力関係の下、設計された独自の試験方法であり、焼却主灰に含まれる金属の種類や量を測定します。

SGSによる焼却主灰の金属試験を選ぶ理由

サービス内容:

  • 当社が開発した地方焼却主灰の金属片試験により、金属の種類や量を測定します
  • 焼却主灰をより正確に評価します
  • 取り出された焼却主灰の量を測定し、 結果を民間需要や法令に照らして調査します

焼却主灰の金属試験 – ワールドリーダーにより開発された地方焼却主灰の試験。

試験提供の分野で世界をリードする企業として、当社は、廃棄物および二次建設材料のサンプリングおよび取扱いにおける広範な経験を提供します。

当社の焼却主灰の金属試験サービスの詳細については、今すぐお問い合わせください。