Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによる耐用年数予測 – 受容可能なメンテナンスコストの範囲内で、貴社のプロジェクトが要求されたライフスパンの間に主要機能が実施可能か確認いたします

建設プロジェクトを実施する場合には、必要な耐用年数を提供できるかどうかを確認する必要があります 例えば、大多数の土木建設プロジェクトでは、最低50年の耐用年数を確保しなければなりません。 トンネルや橋などのインフラ建設プロジェクトの場合には、最大200年もの耐用年数が必要となります。 SGSが提供する耐用年数予測業務では、貴社のプロジェクトでは要求された耐用年数の間、受容可能なメンテナンスコストの範囲内で主要機能が耐用可能であることを確認します

SGSによる耐用年数予測が選ばれる理由

サービス内容:

  • 貴社のプロジェクトに必要な耐用年数を達成
  • 設計および建設中に貴社のプロジェクトが耐用期間中に主要機能が使用可能かどうか確認し、適切な決定をします
  • 早期の故障およびその費用発生を回避します
  • 耐用期間を通じての貴社構造物のメンテナンス費用を予測

リーディングカンパニーによる信頼性の高い耐用期間予測

検査、検証、試験および認証の世界的リーディングカンパニーとして、SGSは、35年以上構造的損傷を調査し、他に類のない経験を提供してまいりました。 SGSは、幅広い知識および経験をソリューションに転換し、貴社構造物に対する損傷を防ぎ、貴社プロジェクトが必要な耐用期間を達成できることを確認します。

さらに、独自のグローバルで近代的な試験所のネットワークによりSGSは、さまざまな条件下で幅広い素材の持続性を試験します。 またSGSでは、貴社構造物の今後の性能を予想するための専門の数値ツールを開発しています。

SGSの耐用期間予測業務には、以下のものが含まれます。

  • 素材の持続性試験
  • 耐用期間のモデリング
  • リスク評価
  • 素材の選択
  • 耐用年数予測

SGSの耐用期間予測業務により貴社のプロジェクトがライフスパン中に受容可能なメンテナンス費用の範囲内で主要機能が使用可能であることを確認します