Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

エジプトに繊維製品、皮革製品を輸出するには、品質及び安全に関する国内の法定規格要件を満たさなければなりません。

エジプト輸出入管理公団(GOEIC)が施行し、モニターを行う適合性評価スキームでは、多くの輸入品で認証を要求しています。

SGSは、適合性評価を実施する第三者機関として、輸出入管理公団とエジプト認証評議会(EGAC)から承認されています。 当社は、エジプト国内または国際規格適用対象製品の適合性を評価致します。

2011年後期に、エジプト貿易・産業省(MFTI)は2つの省令を公布しました。その省令では、エジプトに輸入される繊維製品、皮革製品に対して、検査証明書を要求しています。 以前の2つの省令(626/2011、660/2011)に代わるものとして、輸出入管理公団は新法令961/2012を公布しました。 以下に詳細を示します:

961/2011の実施省令:

  • 既製衣類
  • カーペット及びカーペットフロアカバー
  • 家庭用繊維品
  • 靴及びスポーツシューズ
  • 革製バッグ

お客様のご要望があれば、財布及びベルトの審査も可能です。

このプログラムにより認証を得るには

全規制品貨物は、発送前に出荷地において認定第三者検査機関による検査を受けるとともに、エジプト規格への適合性を確認するために、ISO17025認定ラボにおいて、製品サンプル試験を受ける必要があります。 検査証明書は、貨物毎に発行されます。

全プロセス

輸出者、製造者、供給者または輸入者の方は、各国SGSまたはSGSエジプトまでお問い合わせください。 輸入者の方は、出荷国のSGSに連絡できるように輸出者の詳細情報を提供して頂く必要があります。 出荷国におけるSGSがサプライヤー様と各種調整を行います。

輸出者の方は、すべての製品及び出荷に関する情報を提供してください(試験報告書、技術データシート、プロフォーマインボイスなど)。 それにより、弊社は製品を識別し、当該試験報告書がエジプトの基準に適合しているか確認できます。

書類がエジプトの基準及び要件に適合していない場合、弊社ではサンプリング、試験を進める準備を行うために輸出者に連絡致します(弊社の訪問前に、輸出者様に対してこのサービスの見積もりを致します)。

終了後に、すべての試験報告書が出荷国のSGSに送られ、船積み前検査の手配が行われます。 弊社では検査及び試験の結果を評価し、適合していると判断すると、ファイナルインボイス及び貨物輸送関係書類を受領次第、検査証明書を発行致します。

SGSは長年にわたり世界各国において適合性評価実績を有しており、お客様の皮革製品、繊維製品のマーケット流通の促進、品質及び安全の確保のための効率的かつ包括的なソリューションを提供し、潜在的な損失を軽減致します。

詳細については、各地SGS事務所までお問い合わせください。