Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

インドへ二次鋼を輸出するには同国の国外貿易総局の要件に対する準拠性を証明しなければなりません。

準拠性はインド対外貿易政策書の手続きハンドブック(Vol.1)2002-2007年の付録28に記載されているSGSを含む認定検査機関により確認されることが必要です。

認定検査機関として御社製品の査定に成功すると出荷前証明書を発行します。 この証明書は御社製品がムンバイ、チェンナイ、及び、コルコタの海港経由でインドに輸入される資格を付与します。 これは材料内容及び品質を検証し、化学分析、目視点検の結果、寸法及びITC(HS)コード番号を含みます。

インドに輸入する商品は原産国で検証されることが要求されています。

世界中で準拠性査定制度を数十年間も管理してきた実績に基づいて当社なら輸出会社に効率的かつ包括的ソリューションを提供し御社の二次鋼出荷品がインドの要件に準拠できるようにします。