Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、モンゴル品質標準局 (MASM)に代わって、モンゴルの適合性評価プログラムを実施しています。

モンゴルでは、消費財の80%および食料品の60%以上を輸入しています。 消費者を保護し、商品が確実にMASMが規定する基準を満たすために、試験および検証によって、適合性評価プログラムがカバーする輸入品が基準に適合していることを示す必要があります。 評価が無事完了した際には、MASMに代わってSGSが、共同適合証明書を発行します。

現地での通関前には、関連する商品の有効な適合証明書の提示が義務付けられています。

適合性評価プログラムは、次を確保することで国際取引を促進しています。

  • 当国に輸入する商品は、モンゴル規格またはMASMが認可するその他の規格に適合していること。
  • 不正貿易および違法行為、特に偽造商品を最小限に抑えること。
  • コミュニティーの健康および安全性が保護されること。
  • 情報を適切に得ることで、正確な関税分類を可能にすること。
  • 商品は、モンゴルへの輸入資格があること。

世界中で適合性評価プログラムを管理してきた豊富な実績に基き、SGS は、効率的、 包括的及びお客様を中心に据えたソリューションを提供して輸出者支援を実施し、出荷貨物がモンゴルまたは認可国際規格に準拠するようにしています。

1000施設のラボ及びオフィス網と100か国以上の拠点から、当社は世界中で適合性評価プログラムを提供しています。