Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ウガンダ国家規格局 (UNBS) はウガンダ輸出前規格準拠性検証制度(PVoC)を運営しています。

SGS は輸出者が準拠できるように豊富な サービスを提供しています。

PVoC制度のもとで UNBSは1983年の UNBS設置法により標準仕様が義務づけられた輸入品が国の技術的規制及び規格または認定済み同等品との準拠性検証のための検査を受けることを要件としています。 その目的は東アフリカ共同体諸国と調和を図る輸入品品質検査制度を確立することです。

当社は輸出者と強力してコンプライアンス証明の支援を行うほか、ウガンダ市場へのアクセスの前提となる準拠性証明書を発行し、通関の遅延の防止、及び、非準拠製品の輸入による 損失リスク削減に貢献しています。 認証ルートに依存して当社は下記の介入措置のうち一つないし複数の組合せを用いています。

  • 出荷前の製品検査
  • 認定試験ラボによるサンプリング、試験、及び分析
  • 製品製造工程監査
  • 書類検査及びKSS、 GSO、 IEC等の適用技術要件及び規格要件との準拠性の査定

世界中で何十年にも及ぶ準拠性査定制度の豊富な実績に基づいて輸出者に効率的で包括的なソリューションを提供し 、御社の出荷貨物がウガンダの要件に準拠できるようにしています。