Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

テロ行為防止のための税関と産業界の提携プログラム(C-TPAT:Customs-Trade Partnership Against Terrorism)と輸送資産保全協会貨物セキュリティ要求事項(TAPA FSR:Transported Asset Protection Association Freight Security Requirements)などのSGSセキュリティ監査は、サプライチェーンのセキュリティを改善します。

また、C-TPATおよびTAPA FSRの各標準の要求事項と照らし合わせた監査は、納期の順守を支援します。加えて、SGSはISO 28000で規定されたセキュリティの要求事項と照らし合わせた監査を実施します。

C-TPAT

2001年以来、米国税関国境警備局(CBP)は米国の国境を通過する貨物に対する安全対策を強化し、税関のおける待機時間の遅延原因になっています。SGS C-TPAT監査サービスは、貴社がCBPの優先カテゴリーに入れるように支援します。これは積み荷に対する検査、フロント・オブ・ライン検査の回数の低減、国境における待機時間の短縮化を意味します。税関での遅延縮小は市場参入の迅速化、そして貴社の利益増加につながります。

経験豊富なSGSの監査員は、懸念事項に対処するために貴社組織のセキュリティプロセスの完全な評価、セキュリティ脆弱性の特定、是正措置の確立、計画の改善を行います。SGSは定期セキュリティ監査により、貴社のC-TPATコンプライアンスを継続的に監視し、現地のCBP評価に対して貴社の準備を整えます。

また、SGSは貴社の見込みまたは契約済みのサードパーティサプライヤー、製造業者、運送業者、その他サービス提供者のセキュリティシステムのコンプライアンスおよび手順を評価します。

TAPA FSR

貴社の事業が高価な商品(電化製品、医薬品、タバコなど)を倉庫や配送センターで保管する場合、TAPA FSRに対するコンプライアンスがそれらの資産と土地・建物だけでなく、輸送業者の保護に貢献します。

TAPAの認定を受けたSGSは、アクセス管理、従業員確認、国境保障、侵入者防犯装置、監視システム、高価値保管エリア、輸送遅延などの要素に関する認証評価を実施します。

国内および国際的な各要求事項とのコンプライアンスを保証し、サプライチェーンのセキュリティを改善するには、C-TPATおよびTAPA FSRの各監査についてSGSまでお問い合わせください。