Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

機械および機械安全コンポーネントの製造者の多くは、機械の使用者として関係する危険および傷害発生の可能性があるために機能安全規制の対象になります。

SGSは組織による機械指令2006/42/EC、ISO 13849、IEC 62061、ISO 12100、IEC/ISO 17305などの国際規格の適合を支援する、リスク分析を含めた数多くの機械安全サービスを提供しています。

SGSは、機械全体と機械安全コンポーネントの両方に対応する機械指令の認証機関です。SGSは製造機械と機械安全部品の機能安全の側面に関する次のようなサービスを提供しています。

  • 機械安全トレーニング(ISO 13849、IEC 62061、2006/42/EG、ISO 25119、労働安全衛生規則) 
  • 機械指令2006/42/ECに準拠した適合性評価(CEマーク)
  • EN ISO 12100、EN 14121-2に準拠したリスク評価と円滑化
  • 機械に関する安全コンセプトの開発に関連したコンサルティング、試験、支援 
  • 規格および規制の研究
  • 技術的ソリューションの制御に関連した試験およびコンサルティング(ISO 13849、IEC 62061、2006/42/EC、ISO 25119)
  • 操作マニュアルなどの技術文書の審査
  • 各規格および機械指令2006/42/ECと照らし合わせた機械または機械安全コンポーネントの試験と認証(ISO 13849、IEC 62061、2006/42/EC、ISO 25119)
  • 各規制に準拠したEMC試験およびコンサルティング 

機械の操作

SGSは機械オペレータのために次のような機能安全サービスを提供しています。

  • 古い機械および装置への追加、改修、改造に対する評価、コンサルティング、試験
  • 国内規制およびドイツの「Betriebssicherheitsverordnung BetrSichV」(労働安全衛生規則)に準拠した危険評価の作成および審査
  • 大幅な変更の評価(古い機械、追加設置)

SGSの機械向け機能安全サービスについてはSGSまでお問い合わせください。