Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、家電製品、その他の装置内の機能安全ソフトウェアに対して責任を負う製造業者による関連安全規格の適合をご支援できます。

近年、機能安全試験と承認の文脈の中で安全関連ソフトウェアの評価がますます重要になっています。機能安全アプリケーションを使用するソフトウェア製造者と装置製造者は、適合性の確保、機能安全の認定のために自社のオペレーティングシステムを試験しなければなりません。まさにここで弊社が役に立ちます。

ソフトウェア向けSGS機能安全サービス

SGSは、一般的ソフトウェア、アプリケーションソフトウェアの製造者、開発・検証ツールの開発者を含めた、組織にとって有益なツール認証などの幅広いソフトウェア評価と関連サービスを提供しています。 

ソフトウェア機能安全に関するSGSのトレーニング、評価、認証の各サービスは、次のような内容を網羅しています。

  • アプリケーションソフトウェア(例:制御システム)
  • オペレーティングシステム
  • コンパイラ
  • コードジェネレータ
  • 機能モジュール
  • 通信プロトコル
  • シミュレーションツール
  • 可視化ツール
  • 電化製品
  • 医療機器

試験認定機関であるSGSは、特定の産業を対象としていながら産業から独立した安全関連ソフトウェアの評価、安全関連ライフサイクルに関する包括的なコンサルティングサービスを提供しています。SGSの専門家は、次のような国際規格のアプリケーションに精通しています。IEC 61508、IEC 62061、ISO 13849、ISO 26262、IEC 60335/IEC 60730、IEC 60601-1/IEC 62304、DIN EN 50128、IEC 62443、SAE J3061。

アプリケーションの資格認定

SGSはアプリケーション、OSカーネル、ライブラリなどのOTS、SOUPとしての資格認定、さまざまな機能安全規格に準拠した既存または法的ソフトウェアの資格認定を行うことができます。また、SGSは現在、助成金で運営される数多くの機能安全プロジェクトに参加し、コンソーシアムとアライアンスの専門パートナーとして組織をご支援できます。

SGSの機能安全サービスの詳細について知るには、今すぐSGSまでお問い合わせください。