Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによるSEDEXメンバーの倫理的貿易監査(SMETA)を活用され、倫理的貿易監査での手間の重複を削減してください。

サプライヤー倫理データ交換 (SEDEX)はサプライ チェーンでの労働実務に関するデータを組織が管理しやすくいするように開発されたウェブサイトシステムです。 会員企業は全ての顧客が閲覧可能なSMETA監査レポートを直接SEDEXシステムで公開できる便益が得られます。

SEDEX会員企業は監査基準の改善及び監査報告書の相互承認の推進を可能にする共通の方法である、ベスト・プラクティス・ガイドを作成しました。 ETI ベース コードにある原則に加え、SMETA は移民労働者の労働権、マネジメント システム、実装、請負契約、在宅勤務、環境問題に照らすパフォーマンスレビューも行います。

御社の監査を実施する前に、弊社は監査対象拠点により作成済みの自己査定アンケートへのアクセスを要請します。 監査期間は社員数に応じ拠点で1~4日間に及びます。 監査終了時には、是正措置プランが施設に提供され、全体報告書が提出されます。これは必要に応じてSEDEXデータベースへアップロード可能です。 監査プロセスの完了後は、弊社が御社とともに是正措置プランの完了を検証するために協力します。

SGSはさまざまな規範や規格の要件に対して持続可能性監査には長年の卓越した取組実績を持ちます。 弊社は、監査方法と報告のコンバージェンス推進を目指してSEDEXと協業するSEDEX協賛監査グループの発起人です。

SGSによるSMETA監査が御社及び御社の納入会社が倫理的貿易要件との準拠性を維持することを支援できる内容について見出してください。