Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

CCF(CDMA認証フォーラム)は、グローバルなデバイス認証手続きの核心を確立および維持するための、CDMA運営者、デバイス販売者間の国際的な非営利パートナーシップです。 SGSはメンバーであり提携試験施設(ATF)です。

CCFは、一貫したネットワークの相互運用性、製品の一致および世界中の国際基準団体が決めた重要な性能試験を通じた品質の改善サービスにより、デジタル無線技術業界にメリットをもたらします。 安全性市場、オペレーターおよびデバイス独自の処理に対して、その他の既存の認証プログラムを構築することが可能なコアデバイス認証仕様が提供されます。

SGSの無線試験向け専門知識および高度な設備は、CCF認証においてサービス提供業者、デバイスの製造業者、試験デバイスの販売業者およびインフラ製造業者がメリットを受ける上でのお手伝いが可能であることを示しています。

  • CDMA装置すべてに対する一連の試験処理 – 同一の品質および性能規準を確保
  • 試験の重複および費用の削減 – 試験結果は複数の運営業者で使用可能
  • 試験時間の削減 – 工程を合理化することで、認証時間を大幅に削減して、市場への到達時間を短縮します。
  • オペレーター試験プロセスは、オペレータープロセスの通過または市場導入前に、御社の装置に関する問題を発見します。

米国のQualcommが設計したCDMAは独占的規準であり、現在北米に加えてアジアの一部で最有力なネットワーク規準になっています。 1xEVDO(発展データ最適化)技術は、以前の技術である1xRTTと比較して、ネットワークからモバイルへの速度は30%程度、そしてモバイルからネットワークへの速度は400%高速化しています。

SGSの無線専門家の力でお客様のCDMA認証を完了させて、お客様製品の市場投入までの過程を加速して、時間と費用を節約できます。